WORK7

事例2 【ショップ外構フェンス】青山 ショップ ビルオーナーからの依頼で修理

ショップは、その意匠が売る商品とイメージさせる部分がある。この青山の有名なショップも、その外構もそうなのだろうか。海外ブランドは時に日本ではそれなりに和のテイストを入れる場合も多い。それは尊敬の意味も多いと思う。このブランドが日本で成功したのもわかる気がする。そんな店舗の営繕工事を実施した。ビルオアーナーからの依頼である。

  • 施工前)外構フェンスの竹柵の劣化

【現場担当者から】材料は人工でなく、天然を利用。自然の劣化は時には計算できないくらい良いものになることもある。本物は本物でなくてはいけない時もある。


ページの先頭へ