WORK7

事例8【エントランスのバリューアップ】 照明効果を生かし存在感をあげる。

東京のシーフロントにあるオフィス+レジデンスの建物。オフィスをメインに建てられているのもあり、シンプルなカーテンウォールでの外壁、金属パネルの表面。上階レジデンス部のエントランスを住居らしくというオーナー様のご要望でプランを考える。住居の優しさか温かさか、、それを最小限の範囲で効果をあがていくこと。それができるかである。木を使用することに躊躇いもでてくる。全体像で考えると何かしっくりしないものがある。そうではない。温かさ、差別化、安らぎでもあり、ほっとするエントランスとは、特別なお出迎えでもある。特別であればよい。植栽の差別化、ライトアップ、、入口壁の優しさ、ぬくもり、天井を改修し繊細にしあげる。サインはカッコヨク。

  • こちらが改修後のエントランス全体像。植栽を植え替えて低木も新しくアレンジする。メンテナンスも考え、色、存在も考えての提案。優しい明るさは、「お帰りなさい。」と。

住まいは安らぎであり、人は温かく手を取ってつながりたいものです。住まいを見た目だけでなく、中身から考えていきたいですね。

 

 


ページの先頭へ